2017/07/20

7/19 Alex Meyerに1安打に抑え込まれる

L0-7@LAA (Season 57-37)
Gio(L8-5) 5.2IP 4ER 5H 3BB 3K

Alex Meyerの名前を憶えている方がブログの読者にどれほどいらっしゃるかは分かりませんが、ナショナルズをフォローしている私にとっては当然強い感慨を持って今日のエンゼルス戦を見ることになりました(実際にはライブで見ることはできませんでしたが)。

2011年のドラフト1順目全体23位でナショナルズが指名した右腕(なお、この年のナショナルズは1順目で3人の指名権を持っており、6位でAnthony Rendon、34位でこの日のリードオフヒッターBrian Goodwinを指名しました)。しかし、プロデビューした2012年にAとA+でまずまずのピッチングを披露し、これからが期待された矢先の2012年11月にDenard Spanとの1対1のトレードでツインズに放出。その後やや伸び悩みましたが、25歳となった2015年にようやくツインズでメジャーデビューすると、昨シーズン途中にエンゼルスにトレードされ、今季は4月下旬からローテーションに定着し、イニング数を上回る三振を奪いながら着々と結果を残していました。

で、この試合。なんと7回をわずか1安打1四球でむろん無失点というキャリアでも最高の結果を残しました。映像からもボールに力を感じ、これはメジャーリーガーとして十分やっていけると思わせるものでした。リーグが違うのでナショナルズと対戦する機会はあまりないと思いますが、これからも頑張ってくれると嬉しいですね。

8,9回もブルペンの前に得点できず、ゼロ封負け。投手陣も先発のGio Gonzalezが初回に乱れて2失点したところから調子に乗れず、7失点。

完敗。オールスター後初の敗戦で、連勝も6でストップ。貯金20から再スタートです。

7/18 新投手のリレーで1勝(Harper4安打)

W4-3@LAA (Season 57-36)
Jackson(W1-0) 7.0IP 2ER 3H 0BB 3K
Madson(HD1) 1.0IP 0ER 1K
Doolittle(SV1) 1.0IP 1ER 1H 1BB
Harper 4/4 triple HR(24) 2R RBI
Lind 3/4 HR(8) R RBI
Rendon 2/4 HR(20) R RBI

Bryce HarperとMike Troutという現代のメジャーリーグを代表する若きスーパースターの直接対決となったこの試合。1回表にHarperがTroutの頭上をちょうど越えていくセンター左へのソロ本塁打を放つと、その裏Troutもソロ本塁打で応酬。2人とも持っているな、と思わせるに十分な初回の両打席でした。

Harperはこの後も3打席連続でヒットを打って4安打。3回の第2打席で惜しくも2塁タッチアウトになっていなければサイクルでしたが、ともかくも4安打。8回には三塁打で出塁して、Ryan Zimmermanの勝ち越しタイムリーにつなげる活躍でした。一方のTroutの以降の3打席は凡退でしたから(ただし、後述のように打点1)、この2人の勝負という意味ではHarperに軍配が上がりました。

しかし、今日の主役は4安打のHarperではなく、この日登録されたばかりの3人の投手のリレーで勝ち切った投手陣。

まずは先発のEdwin Jackson。今シーズン初先発の緊張もあってか初回はボールが先行して苦しみ、Troutにホームランも打たれましたが、相手の盗塁失敗にも助けられて1失点で切り抜けると、2回から5回は1人のランナーも許さず。6回に、この時点で勝ち越し打となるソロ本塁打を打たれはしましたが、2回以降に許したランナーはなんとこの1本だけという素晴らしいピッチング。バックもよく守りましたが、実際、ここまでの投球をしてくれるとは予想外でした。

7回表にAnthony Rendonのソロで同点とし、8回表にZimmermanのセンター前で勝ち越すと(これでJacksonに勝ち投手の権利が発生)、8回裏にはRyan Madsonがマウンドに上がり、90マイル台後半の速球でぐいぐい押して三者凡退。さらにAdam Lindのソロで追加点を奪った後の9回裏にはSean Doolittleが登板。力が入り過ぎたと振り返ったDoolittleは先頭打者にストレートを四球を与えたところから1死2,3塁のピンチを作ってヒヤヒヤさせてくれましたが、ここで迎えたTroutを緩いショートゴロ(打点1)、Albert Pujorsを浅いレフトフライに打ち取って、リードを守りきりました。

Doolittleの次の登板が注目されることにはなりますが、試合後のコメントを見ている限りは大丈夫でしょう。何よりMadsonが使えることは間違いありません。チームのムードもよくなったことでしょう。いい流れです。

MVP: Edwin Jackson

2017/07/18

ロースター異動まとめ(2017年7月)

7/1 Sammy SolisがDLから復帰, Jacob TurnerをDFA
7/6 Michael TaylorがDL入り, Chris Heiseyが復帰
7/14 Joe RossがDL入り(TJ手術でシーズン終了), Sammy SolisをAAAにオプション, Trevor GottとAustin Adamsの2人が昇格(Adamsは初昇格)
7/17 Blake Treinenがトレードでアスレティックスに移籍, Jacob Turnerが再昇格
7/18 Sean DoolittleとRyan Madsonをアスレティックスからトレード獲得, Edwin Jacksonが昇格, GottとAdamsをAAAにオプションし, Turnerを再びDFA

Anthony Rendonが週間MVP

Anthony Rendonが週間MVPに選ばれました。3試合で11打数7安打、3四球、3本塁打、9打点と打ちまくり、オールスターに選ばれなかったうっぷんをぶつけた形。オールスター後の3試合だけで評価というのもどうかと思いますが、ともかくもおめでとう。

なお、Rendonにとってはこれが初の週間MVPの受賞でした。意外。

2017/07/17

7/17 Zimの通算235号でレッズを4タテ

W6-1@CIN (Season 56-36)
Strasburg(W10-3) 7.0IP 1ER 4H 1BB 11K
Zimmerman 3/5 HR(20) R RBI
Harper 2/4 HR(23) BB R 3RBI
Goodwin 2/5 double HR(8) 2R RBI

後半戦スタートからのレッズ相手の4連勝を狙ったナショナルズ。1回表で勝負は着きました。

先頭のBrian Goodwinのダブル、2番Stephen Drewのシングルで無死1,3塁とし、3番Bryce Harperが豪快にライトスタンドへの先制3ラン。Ryan Zimmermanも左中間への二者連続弾。これがZimmermanの通算235号。通算本塁打数のエキスポス時代を含めたフランチャイズ新記録を達成しました。さらに、この後、Daniel Murphyの四球、Anthony Rendonのシングルで再び無死1、2塁とすると、Matt Wietersの右中間への大飛球はライトに好捕されましたが、Murphyがタッチアップでなんと一気にホームまで生還。あっという間に5-0とリードしました。

このリードをもらって1回裏のマウンドに上がったStephen Strasburg。ランナーを全く出さないわけではないものの、2つの併殺打も打たせて、失点は2回裏のソロ本塁打の1点のみ。7イニングを11奪三振。終始落ち着いたピッチングで二けた10勝目に到達。

終盤のブルペンも今日は問題なくJoe Blanton、Matt Graceは8,9回を片付け、レッズ相手に4連勝を決めました。シーズン成績でも貯金20の大台に到達。地区2位のブレーブスもなかなか頑張っていますが、差は全く縮まっていません。

MVP: Ryan Zimmerman

7/16 日替わりでマルチ本塁打(今日はMurphy)

W14-4@CIN (Season 55-36)
Roark(W7-6) 6.0IP 0ER(3R) 4H 3BB 5K
Murphy 3/4 2HR(15, 16) 2R 5RBI
Lind 3/5 double HR(7) 2R 3RBI
Heisey 3/5 double 2R RBI
Rendon 2/5 HR(19) 2R 2RBI
Lobaton 1/5 HR(3) R 2RBI
Difo 3/5 BB 3R RBI SB(3)

オールスター明けの初戦はBryce Harperが2本塁打、前日はAnthony Rendonが2発。そして今日はDaniel Murphyが初回の2ランに続き、5回には3ランを放って計5打点の荒稼ぎ。毎日日替わりでマルチ本塁打を記録する選手が出てくるだなんて、聞いたことがありません。しかも、それ以外の選手たちも打ちまくる素晴らしい破壊力。今日も17安打(うち5本塁打)で14得点と、存分にその力を見せてくれました。

ただし、8回表のRendonのソロ本塁打とJose Lobatonの2ランは、いずれもDrew Storenから打ったもの。うーん、Storenからだけは打たないでやってほしかった。。。

一方、ナショナルズ先発は Tanner Roark。2回を終えて4-0と、序盤としては十分なリードをもらいました。不可解な三振振り逃げや味方のエラーに足を引っ張られた結果、3回に2失点、5回にも1失点はしましたが、最低限しっかりと試合を作っていたと言っていいでしょう。また、自責点はゼロでの勝利ということでこちらも少しでも自信を持ってくれればいいと思います。

MVP: Daniel Murphy

Ryan MadsonとSean Doolittleをトレード獲得

7月末の期限に向け、交渉が加速していたトレード市場。ブルペン投手の補強が至上命題となっていたナショナルズが、アスレティックスとの間でRyan MadsonSean Doolittleの両投手を獲得することで合意しました。2人ともクローザー経験もあるベテランのブルペン投手。2人とも、奪三振に対してとにかく四球が少ないという点が魅力。精神的な部分も含めてブルペンの安定化に大いに期待したいと思います。

むろん対価は支払います。Blake Treinenと昨年(2016年)のドラフト2順目、3順目指名のSheldon NeuseJesus Luzardoの計3人。もはや使い道がなくなっていたTreinenはともかく、NeuseとLuzardoは期待のプロスペクトで惜しい気もしますが、プロスペクトランキングでさらに上位に位置しているトッププロスペクトを手放さずに2人の実績あるベテランを獲得できたことは、Rizzo GMの手腕と言っていいと思います。

**********************************
Ryan Madson, RHP (2017 for Oakland)
40G 39.1IP 1SV(3BS) 14HD 39K 6BB 2.06/0.79
36歳、メジャーでも12年目のシーズンの大ベテラン。2003年のメジャーデビューから9シーズンに渡って在籍したフィリーズでの印象が強い投手。その間、Jayson Werthらとともにワールドシリーズを制覇した2008年にはセットアッパーとして活躍しました。しかし、フィリーズからFAとなりレッズと契約した直後の2012年春に右ひじを痛めてTJ手術に踏み切りましたが、経過は思わしくなく、結局2012~2014年の3シーズンはメジャーでの登板なし、マイナーでもわずか1イニングのみとなり、このまま引退かと思われました。ところが2014年春にロイヤルズとマイナー契約を結ぶと、ここからロースター入りを勝ち取り、再びワールドシリーズのリングを手に入れることになりました。その後、アスレティックスとメジャー契約を結び、再び安定した投球を続けてきました。

Sean Doolittle, LHP (2017 for Oakland)
23G 21.1IP 3SV(1BS) 8HD 31K 2BB 3.38/0.66
2007年ドラフト1順目でヴァージニア大学(Ryan Zimmermanの大学の2年後輩になります)からアスレティックスに入団し、メジャーでも6シーズン目を迎える30歳のベテラン左腕。比較的安価な長期契約を結んでおり、2018年シーズンまで確定、2019年、2020年には球団側にオプションがあります。メジャーでは一貫してブルペン投手として活躍し、2014年にはク゚ローザーとして22セーブも記録。2015年以降はやや故障がちで登板数は減っていますが、それでも投げればきちんと結果は出しています。今季も4月末から6月上旬までDL入りしていますが、大きなものではなく、復帰後も安定したピッチングを続けています。特に対左打者には今シーズンまだ一本もヒットを打たれていません。左腕からの速球は素晴らしく、個人的にはクローザーを任せるならDoolittleかなという印象を持っています。

Blake Treinen, RHP (2017 for Nationals)
37G 37.2IP 3SV(2BS) 5HD 13BB 32K 5.73/1.62
元々は2011年ドラフト7巡目でアスレティックスに入団した選手。2012年オフにMichael Morseのトレードで移籍してきました(一緒に来たのはA.J. ColeとIan Krol)。当初は先発として育成され、メジャーデビューした2014年はもっぱら先発として投げていました。転機となったのは2014年オフのMax ScherzerのFA加入でしょう。これでTreinenはブルペンに転向することとなり、ここから2015年、2016年とシンカーを武器に欲しいところで併殺が取れるピッチングで地位を築いていきました。そして、この春、スプリングトレーニングで結果を残し、開幕時には「クローザー」の指名を受けるほどに成長。どれほどの活躍を見せるかと期待させました。が、あえてその後のことは書かないことにしましょう。新天地で気分一新し、頑張ってくれることを願っています。

Sheldon Neuse, 3B/SS (2017 for Hagerstown(A))
77G 321PA 9HR 51HR 25BB 66K .291/.349/.469 12SB 
2016年ドラフト2順目でオクラホマ大から入団。昨季はAuburnであまり打てず、BAではトップ10外でしたが、BPなど他のランキングでは軒並みトップ10にランクインしていました。今季は開幕からHagerstownで主軸を打ち、打率も残しつつ、長打あり、意外にも足もあり、また守備でもサードだけでなくショートも守れるところを見せ、大いに評価を上げていました。オールスターにも選出。

Jesus Luzardo, LHP (2017 for GCL Nationals(Rk))
3G(3GS) 13.2IP 0BB 15K 1.32/1.02 
2016年ドラフト3順目。元々はドラフト1順目指名候補でしたが、ドラフト前にTJ手術を受けたため、ナショナルズが3順目で指名。リハビリを経て、この6月にようやくプロデビューを果たしたばかり。GCLで3試合に先発して2失点。15個の三振に対して無四球という結果もさることながら、軽く90マイルを超える速球を投げているというレポートも入っていて大いに期待を高めていたところでした。惜しい、けれどもリスクも高く、トレードバイトとして使われる可能性はかなり高いと見ていました。