2018/02/14

ロースター異動まとめ(2018年2月)

前回更新(Howie Kendrickとの契約合意)からほとんど動きがないままほぼ1か月が経過しました。おおよその補強は済んでいるのでいいのですが、しかし、なんとなく寂しい日々が続いていました。まあ、いちおう、2月になってからの動きをまとめておきます。

2/7 Raudy Readが禁止薬物使用で80日試合の出場停止
Raudy Read捕手が禁止薬物使用により80試合の出場停止処分を受けました。打てる捕手として台頭し、昨年9月にはメジャーデビュー。BAなどのプロスペクトランキングでは、組織内の捕手ではナンバーワンの評価を受けるまでになっていただけに、非常に残念なお知らせとなりました。

2/12 Matt Reynoldsをメッツから金銭トレードで獲得
27歳のユーティリティプレーヤー、Matt Reynoldsをメッツから金銭トレードで獲得しました。2012年のドラフト2順目でメッツに入団し、2016年にはメジャーデビュー。メジャーでは通算226打席に立って.228/.300/.351、4本塁打、0盗塁と打撃で目立った成績は残していませんが、投手と捕手を除く内外野の全ポジションをきちんと守れるユーティリティプレーヤーとしての貢献が期待できます。また、マイナーオプションを残しているので、そういう意味でもチームの幅が広がります(なぜメッツが放出したのかはよくわかりません)。

0 件のコメント: